記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回 森の健康診断@篠山市

今日は五月晴れの森の健康診断@篠山市でした。
人工林の健全度を調べて、楽しくちょっとタメになるイベントです。

調査地

参加者とスタッフが手分けして市内の山に散らばります。
ちいさなお子さんも参加してくれてましたが、僕の班は山仕事の経験のある熟練おじさまグループで、「国有林の植え込みしたときは…」とか、「昔はキンマ使ってなぁ…」などお話を聞かせてもらいました。
健康診断は木の太さや高さ、植えてある本数などからデータをとり形状比や相対幹距といった指標を使って健全度を調査します。
熟練の方々もこれまでは経験とカンで作業をされていて、データを使った山の見方は初めてということで、一緒に勉強させてもらいました。データと経験、どちらも大事ですがどちらかに偏ると間違いがあった時に気がつきにくいので、両輪が大事かなと思います。

調査

気になる調査結果はやはり超過密。
ほかの調査地点も過密だったようです。
森林整備が進み健全な森林が増えるよう働きかけたいと思います。
参加者のみなさま、スタッフの皆様お疲れ様でした!

上野@本所



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。