記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども樹木はかせ2013

春は病欠でしたが、秋は先年につづき篠山市主催
『こども樹木博士』
のガイドを篠山の森林インストラクター3人で担当しました。

morinotanken

今年は小学校2年生以下のちびっこの参加が目立ちました。
そのため、樹木ガイドも鋸歯がどうとか対生・互生がどうとかの話はほとんど無し!(保護者向けにちょっとだけしましたが)アベマキのコルク層を押してみたり、クロモジの枝を嗅いだり、ウラジロガシの実を(あとでお腹が痛くならないか心配しつつ)食べてみたり、体感中心の楽しめるガイドにしてみました。

マテバシイ炒め

お昼は篠山市さん提供の巻き寿司を頂き、おまけにマテバシイのどんぐりを焙ってみんなに食べてもらいました。普段おいしいお菓子を食べなれてるから味見してもらえるか心配してましたが、できたそばからみんながポリポリとかじって「おいしい~おかわり~」と調理が追いつかないくらいでした。

復習中

おなかも満足したところで、本題の樹木はかせ試験、まえの復習。午前のガイドは遊び中心だったのでここでみんな覚えてから、20問の受験です。

どんぐり植えます

答えあわせの間に、どんぐりを植えます。
地元のコナラ、アベマキ、カシ類に加え、県指定郷土記念物に指定されている会場和田寺さんのツブラジイ、
幹周 約5.9m・樹高 約16m、樹齢は推定720年!のどんぐりも植えてみました。

こども樹木はかせ認定書授与!

最後は認定書の授与です。
ちびっこ達もけっこう覚えてくれていて、みんな好成績でした。こどもってすごいなぁ。


子どもたちから秋の空に負けない気持ちの良い笑顔をたくさんもらえた、嬉しい一日でした。


上野@本所
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。