記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館店

1年前から手帳に書き込んで楽しみにしていた、
ボストン美術館展@大阪市美術館にいってきました~。

雲龍図(部分)

曽我蕭白は流石にインパクトあったなぁ。
襖絵だったのを修復したということですが、こんないかついのに囲まれてたらさぞ落ち着かないことだろうと思う。
正直、蕭白は画力も申し分ないしおもしろいんだけど、あまり趣味ではないです。

なにを1年も待っていたかというとほぼこれに尽きる。

松島図屏風

尾形光琳「松島図屏風」
言葉を失ってみとれてしまう。
考える余地無しで、圧倒される幸せでした。

他にも長谷川等伯「龍虎図」や快慶「弥勒菩薩立像」など国宝級の作品が目白押しのボストン美術館展なのですが、なぜここまで貴重な作品がボストンにあるのか!?

 時は明治の初めのころ廃仏毀釈で各地の寺院、仏像が次々と破壊された。今は国宝の興福寺の五重塔も、あわや薪にされそうなってた時代。フェノロサ、ビゲロー、そして岡倉天心の3人によりコレクションの基礎が築かれた。
 詳しくはこちらを
http://www.boston-nippon.jp/boston/
 明治初期という混沌とした時代に生き、日本美術に「東西の相互理解」という理念をかかげてコレクションをおこなう、というのはなんともワクワクする体験だと思います。
 自分の目の前に光琳の絵が差し出され、「いかかがですか」なんて訊かれてみたいものです。


上野@本所


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。