記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を歩いて調べる。

今日は山を歩いて調べる、踏査でした。
てくてくてくてくてくてくてくてく、歩き倒します。
山を上がったり降りたり、ヘビに遭遇したり、ダニがついてないか気に病みながら6時間くらい歩いてると思います。
帰ったら、バタンキューで寝てしまいます。
すこぶる健康的。

歩いていたら、こんな林がありました。

成熟した木

昭和61年に作られた治山堰堤があり、真ん中に3mくらいの工事用の道の跡がありますが同化しています。
80年生くらいだと思いますが、木に優劣がついてきてるので、間伐しないと立ち枯れになるものも出てくると思います。もったいない!
こんなとこの間伐めったにないですが、やってみたいな~。


上野@本所
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様です

サツマイモ残念でしたが、きっと残りの芋が大きく育つでしょうね。

山道6時間はきついですね。真剣に働かれている様子が伝わってきます。
十分睡眠をとってください。

かなりの体力ですが、山中は少し涼しいですか。
ヘビやダニに出会わなければ山歩きは気持ちいいですね。
木に優劣があって立ち枯れになるのはどうしてですか。

Re: お疲れ様です

ユッカリンさんへ

毎日暑いですね~。
相変わらずバタンキューの日々です。

サツマイモは補植しました。今度は無事に育ってくれるといいんですが・・・。

山の中は、畑に比べたら木陰で涼しいですよ。
ただ、運動量は山登りのほうが多いと思います。
山にあがって夕方になると下着まで汗でぐっしょり、今日もいい運動したなぁと思えます。

さて、
> 木に優劣があって立ち枯れになるのはどうしてですか。

ということですが、
山に木はたくさん立っていますが、成長してくると枝葉が重なりあってきます。
木にとって枝葉は、太陽の光を養分にかえる大切は器官です。
しかし、重なりあってしまうと、下になった枝葉をもつ木は養分が作れず枯れていきます。
一方上になった枝葉をもつ木はますます養分をつくり、成長していきます。
というわけで、太陽の光と枝葉の関係から、木に優劣ができて、立ち枯れが発生してきます。

言葉だけだと分かりにくいですが、なんとなくイメージして頂ければ幸いです。
自然は基本的に弱肉強食ですよね~。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。