記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の目標

1月もあっというまに終わりましたね~。
年初に今年の読書目標を決めました。
それは1週間に1冊の読書です。
そうすると、今年1年で52冊読める計算です。
考えてみると、年間52冊しか読めない。
あと50年生きるとしても、2600冊しか本が読めません。
あと2600杯しかビールが飲めない、と言われたら、怖くなりますね。
2600冊、心して読みたいと思います。

そういうわけで、今月は5冊の本を読みました。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
(2010/09/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

村上春樹の珍しいインタビュー集。
村上さんの紆余曲折と小説作法がマジメに語られていました。
ファンにはかなり楽しめる内容と思われます。
タイトルがすごく良い。
意味は…読んでみてください。


実践マニュアル 提案型集約化施業と経営実践マニュアル 提案型集約化施業と経営
(2007/07/20)
湯浅 勲

商品詳細を見る

以前にも紹介させてもらいました。浅く広く、図が多くわかりやすい。


林業経営力アップ! 痛快人材育成術林業経営力アップ! 痛快人材育成術
(2008/08/12)
湯浅 勲

商品詳細を見る


湯浅勲さんの体験を通しての人材論。
湯浅さんの自伝的な部分はおもしろい。が、人材論に関しては「なるほど」と思うところと、?なところがありました。まだ自分が人材を「育成するレベル」でないからか?
林業的なところは参考になる。


働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」
(2009/04/02)
稲盛和夫

商品詳細を見る

年頭に読むのにふさわしい本。
必死で仕事せなあかん!と思わせてくれます。
ゆっくり読んでも1日30分、1週間あれば読めるので、忙しい方も少し心を落ち着けて読むと、自分を省みることができます。

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代

商品詳細を見る

『「する」ことの効率を上げるために、「しない」ことを決めて、得意なことへ時間を投資していく』というのが新鮮。自分を成長させて効率あげる好循環をつくる。
また、誰もが意思が弱いのだから、仕組みを作って目標を達成させる。
にしても、勝間和代さんの本はわかりやすい。身近な例でかんたんな言葉を使いながらも、理論が整然として納得できる。見習わないと。

それから今年は4月までに衛生管理者の資格をとります。


上野@本所
スポンサーサイト

コメント

僅か1冊の読書で多くのことを学ばせてもらえますね。
できるだけいろんなジャンルの本を読むことにしています。

週1冊、結構時間がとれないことも悩みです。

Re: タイトルなし

ユッカリンさんへ


講演を聴きにいったり、本を読んだり、学ぶのが好きです。
いろんなジャンルの本を読むのはいいですね。
以前は文学が多かったのですが、最近ビジネス書が多いので、僕もいろいろ読もうと思います。
時間が取れないときは、中学生の頃、図書館の先生が教えてくれた言葉を思い出します。
「忙しい人ほどよく本を読んでいる」
なかなかの金言だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。