記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルとジョンとクリスマス

TVでマイケルジャクソンの‘This is It' をしてましたね。
僕のなかでマイケルの訃報は相当な衝撃でした。
基本的に「人なんだから誰もがいつかは死ぬ」と思っているので、あまり気にしないタイプですが、マイケルとジョン・レノンだけは、本当に惜しい人を亡くしたと思ってます。

映画を見て思ったは、やはりマイケルは愛にあふれた人だったのだ、と。
そりゃ、マイケルもいろいろ???な所があった人だったと思います。
あんな小さいことからショービズの世界にどっぷり浸かって歪まないほうが考え難い。
しかし、それを踏まえても、あれほどのすばらしい歌とダンスの才能を持ったエンターテナーはいなかったと思います。
そして、愛ですよ。
ジョン・レノンもやっぱり、いろいろ間違いはあったかと思いますが、やはり愛と才能に溢れた人でした。
よく思うのは、「今ジョンが生きてたら、どうしてただろう?」
というわけで、

Happy Christmas

http://www.youtube.com/watch_popup?v=hb2YSAVHmIE&vq=small#t=136


上野@仏教徒
スポンサーサイト

コメント

同感です

ビデオにとってまだ見ていませんが・・・
マイケルの才能はずば抜けていますね。

世界中の人々に愛され、莫大な富も手に入れても
失ったものも多かったでしょうね。
決して幸せとは言えない側面がありますね。

でも、わが子への愛や歌詞に込めた人々への愛
超一流の才能があっても常に最高のステージのために
努力を惜しまない姿勢が素晴らしいですv-354

あまりにも早すぎましたね。

Re: 同感です

ユッカリンさんへ

共感してもらえて嬉しいです。
本当に早過ぎた…。

ビデオ是非見てください。
ビリージーンのダンスシーンが最高です。
ラストも「ああぁマイケルゥゥ」って感じで感動します。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。