記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリングフィールド

やのぴあの
今日は大阪服部緑地公園で行われた spring field にいってきました。
いやぁ~ほんとによかったぁ!

スプリングフィールドは春の野外ライブですが、今年の参加メンバーは
細野晴臣!
星野源!(サケロック)
矢野顕子!
UA!
個人的には近年稀に見る最高のメンバーでした。

まずは、御大!細野晴臣!
死ぬまでに一度は会いたい細野さんでした。
演目は、レスポールなどの古いブルースからベンチャーズにカーペンターズまで。
昔の曲にいい曲がありすぎて自分の曲を作ってない、と言いながらも新曲を1曲してくれました。
さらに鈴木茂の登場に、はっぴいえんどファンとしては涙ちょちょぎれました。
高田蓮(高田渡の長男)のスティールギターもいい感じでした。
といっても、テンションは決して高くないです。
天気の良い土曜、春の昼下がり、公園で聞くのにふさわしい音楽。あるいは、こんなブルースきかせてくれるバーがあればちょっと一杯やりにいきたいな、といった円熟の細野さんでした。

続きまして、高田源
サケロックはちゃんと聞いたことなかったですが、篠山のcafeLDKでやったハシケンハマケンのライブ行ったり、「げげげの女房」を一生懸命見てたので、なんとなく親近感。
音楽ものんびりした感じにピリッとユーモアのある歌詞で楽しめました。

そして、矢野顕子!
すごい、びっくりした。想像以上でした。
歌がうまい、とかピアノがうまい、とか超越してました。
あぁ、うたってのは、本来こういうことだったんだ、って思いました。
矢野顕子の音楽。もとい矢野顕子という音楽。
CDでは伝わらない感動でした。
みんなだいたい1時間くらいで、腹八分目で満足してたのですが、矢野顕子だけはもっと聴きたかった。

最後はUA
唯一テンション高く、ホーンもあり、ギターもシェイクしまくりで会場を盛り上げてくれました。ライブらしく楽しかった。

子供連れだったので、芝生席にして、最後列に敷物敷いて立ったり座ったり、子供と遊んだりできて良かった。4歳にして、細野さんや矢野顕子が聴けるとは・・・と思いましたが、本人はお菓子を食べてる方がよかったみたいです。
唯一残念だったのは、車で行ってたので酒が飲めなかったこと。まわりはみんなビールとつまみは当たり前、ボトルワインやまっこり飲んでる人もいて、うらやましかったです。音楽つきの宴会場みたいになって平和な感じでした。

ともあれ、久しぶりにいい音楽に触れて幸せな春の一日でした。


上野@山南
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。