記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林組合は改革せなあきません

林野庁で 第1回「森林組合改革・林業事業体育成検討委員会」が開催されました。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/keiei/saisei/kaikaku_ikusei.html

森林組合職員は必読でした。
森林組合と民間事業体の差をアンケートで生の声がきけたのが勉強になりました。
自分は森林組合の職員ですが、確かに組合はいろいろな面で優遇されていると思います。
公共的な仕事をしている側面はありますが、自分が同じ林業をおこなう民間事業体なら「おいおい」と思うだろうなというところがままあります。是正していくべき点だと思います。

それから、組合員外利用について。
収益性の高い公共事業ばかりをして、民有林に手がまわらず、間伐がすすまない。
という状況があるようです。
利益は確かに必要ですが、「森林組合法」にもあるように基本は、組合員さんにための仕事をするのが森林組合なので、経営改善→体質改善をはからないといけない。
長い目でみると、管轄の山林を適切に管理しておかないと、間伐遅れのもやし林になってしまい、もう採算のとれる事業ができない→組合の仕事がなくなる、と思うので、結局は自分で自分の首をしめることになります。
ということは、
今後、集約化・作業路開設をしていても、木が適切に育ってないと、間伐材の売り上げがなく、所有者も高額の負担金が出せず、またほったらかしになるというパターンがでてくると思います。
なんか子育てに似てますよね。小さいときにほったらかしで甘やかして育てると、大人になってからでは手がつけられない、ような感じ。

今後も林野庁が楽しみです。


上野@山南


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。