記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビムシ主催 マーケティング研究会!

こんにちは、タチコマです。

 先週金曜日に、株式会社トビムシ主催の第一回マーケティング研究会に参加してきました。林業関係者、木材生産業者、そして、行政を対象としたマーケティング研究会で、兵庫県職員の知人に誘われ参加しました。

 株式会社トビムシは、持続可能社会を実現するための循環型資源リサイクル事業に取り組んでいる、AMITA株式会社の子会社で、森林の集約化、施業管理から木材商品販売まで、包括的に支援する“森林・林業トータルマネジメント会社”。

 そして、今、株式会社トビムシは林業業界で話題になっている!(森林組合は別かなぁ(^o^))

 最近、新聞、テレビでよく目にする岡山県西粟倉村(全国的に市町村合併が相次ぐなか、合併せずに「自立」の道を選択した自治体)で今年4月に開始された、地域再生プロジェクト「百年の森構想」に株式会社トビムシが参画して、「共有の森ファンド2009」を立ち上げた。そして、各地で共有の森ファンドの説明会、そして、現地への視察を通じて西粟倉村のファンになった人々から支援を募り、皆で森林づくりを通じた地域づくりに取り組むという新しい仕組みで話題になっている。

 また、西粟倉村は、95%が森林で林業を生業にしてきた地域で、林業は重要な産業で、木材需要の低迷に伴った木材価格の下落などの影響で、林業の担い手が少なくなり、衰退していった。というのは、林業を生業にしてきた他の地域と変わりはないと思う。しかし、西粟倉村のすごい所は、西粟倉村村長と地域住民の理念が一律化したところであった。ただ時代に流され市町村合併するのではなく、地域の95%という森林・森林資源を最大限に活かし、地域の生業としてきた林業を復活させて地域再生を行うという理念だ。こんな志の高い地域に都心部の人間が視察に行ったら、地域や住民の方々が輝かしく見え、西粟倉村の虜になって帰ってくるだろう。

 さて、マーケティング研究会の会場は、大阪西区江戸堀にある肥後橋センタービル7Fにある、アミタ株式会社西日本営業所。兵庫県の林業業界人で、さすがに自分のスキルを高めるために遠路大阪まで来て、勉強会に参加する人はいないだろうと思っていたら、ビックリ!近所で木材加工工場を営んでいる方が参加していたのだ。小生は、相手の方を見てビックリしたのだが、相手は、小生の顔を見るなり、“やっぱりおったか!”と一言。(どういうこっちゃ!)

 午後2:30から研究会の開始。

 まず初めに、株式会社トビムシ 経営コンサルティング/マーケティング統括 古川大輔氏から挨拶があり、続いて、法務/事業管理統括 小林洋光氏の挨拶があった。

 次に、株式会社トビムシの会社紹介と共有の森ファンドの事業紹介を受けたあと、参加者の自己紹介が行われたのだが、ここからが面白かった。ほとんどの人が地方から時間をかけて研究会に参加するくらいだから、やる気がある人ばかりだ。(21人参加中、兵庫県から4人、後の17人は地方からの参加者であった。)だから、自己紹介が自分にまわってきた時には、約10分から長い人では20分位自社紹介から地域の現状などを事細かに話をしていた。そのおかげで、せっかくの第一回マーケティング研究会は自己紹介だけで終わってしまった。

 だが、終了後、懇親会でいろんな人と意見交換や情報交換ができたこと、そして、古川氏から教えて頂いた、“理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言”、あれは感動したなぁ~!短い時間でしたが、久々に充実した時間をすごせました。

 また、機会があれば古川氏の研究会に参加しよっと!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

その日記を読んでいないので、なんとも言えませんが

僕が思うには、団地化、流通の合理化などができていない

森林組合のことを表しているのではないのでしょうか。

その日記をぜひ教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。